賃貸条件を自分なりに設定

賃貸条件を自分なりに設定


賃貸条件を自分なりに設定
"今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。雑誌を見て希望に近い部屋があれば、不動産会社に連絡すれば良いのですが、そうでない場合は条件を考え直す必要もあります。
確かに条件というのは物件探しで非常に重要なことですが、妥協をすることも大切なことなのです。
不動産屋の担当者に条件出しをしたら、その条件が現実的かどうかをチェックしてみることが大切です。
もし現実的に不可能な条件のようでしたら、多少なりとも条件の幅を広げて不動産屋に再度相談をしてみましょう。

自分の物件条件の幅を広げることでより良い物件に巡り合うことがあります。
もちろん予定家賃設定を上げれば理想の条件に合う物件と出会えますが、後々のことを考えてなるべく家賃設定の変更はしないようにしましょう。"




賃貸条件を自分なりに設定ブログ:20170921

日本に比べると
アメリカという国には肥満の人が多いです。

俺は一度だけ旅行でアメリカに行った事があるのですが、
何に驚いたかというとアメリカ人の身体の大きさに
度肝を抜かれました。

なぜここまで国によって違うのか…
俺なりに考えました。

日本という国は小さいので、当然住む家は小さいです。
大阪駅や大阪駅など主要な都市では、庭がない家は当たり前ですし、
一人暮らしではワンルームの部屋で生活する方も多いですよね。

俺も独身の時には
10年ほどワンルームマンションで生活していたのですが、
食生活に欠かせない食べ物を保存する冷蔵庫は、
それはそれは小さな冷蔵庫でした。

買いだめなどできるわけもなく、
一ヶ月の半分以上は買い物に行き、
ふつかで食べられる分ぐらいを買っていたものです。

それに比べてアメリカは大きい。
道路も大きいし、車も大きい。
大きな家を建てても、まだまだ土地が余っている状態です。

その大きな家には、大きな家具があり、大きな家電製品があります。
とにかく何もかもがスケールが日本とは違うんです。

当然、食料を保管する冷蔵庫も大きいです。
大きな冷蔵庫があると、ついつい買いだめしてしまいます。
安い特売があったら、買いだめしたほうが賢いやり方ですもんね!

またアメリカの大きな冷蔵庫に入るように作られているのか、
食料も日本に比べると大きなものが多いです。

牛乳や菓子パンなど普段よく消費するものは大きいし、野菜も多い。
それらが全て家庭の冷蔵庫に保管されて、
消費されていくわけですから肥満になる人が
日本に比べて多いのは、当然なのかもしれませんね!

・・・と、こんな事書いてみる
賃貸条件を自分なりに設定

賃貸条件を自分なりに設定

★メニュー

家賃交渉を2年周期でしてみては
賃貸契約は審査に合格することで可能
良い不動産屋を選んで理想を叶える
駅前などにある不動産屋の特徴
賃貸物件にもいろいろなタイプがある
クチコミ情報をチェックして不動産屋を探す
賃貸条件を自分なりに設定
マンション型賃貸物件は安全安心
家賃だけではなく管理費や駐車料金なども確認
現地調査は実際に生活をしているイメージを持つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)YES♪理想的な賃貸との出会い