賃貸条件を自分なりに設定


賃貸条件を自分なりに設定ブログ:20140506


中学2年生のむすこは、
まるで言うことを聞かない。

部活、食べる、寝るの基本生活を送り、
学力はみるみる低下、屁理屈だけはこねまくりの毎日。

成長期の食欲なのか、
買っても買っても冷蔵庫の牛乳は忽然と消える。

旦那の給料で家のローンを払い、
ボクのパート代は牛乳代と塾代へと変わる。

ボクがパートから疲労困憊で帰ってくれば、
まず飛び込んでくるのが
玄関に蹴っとばしてある大きなスニーカーと、
娘の運動靴。

第1関門をクリアすると、
リビングの入口に放り投げてあるランドセルや
むすこのバッグや脱ぎ捨てたままの汚い制服。

もうこの辺で、
コメカミのあたりがキーっとなっているのだが、
お子さん達に雷を落とすものの、
ゲームや本に夢中でボクの声なぞ全く届かない。
疲れる、本当に心の底から疲れを感じる。

残念な学力テストの結果でさらにめまいを覚え、
「別に」「どうでも」という<
むすこの言葉にからだ全身の力が抜け、
そして強烈な悔しさがボクを襲う…

「何なの、あんたのその態度は!!」

不毛な言い合いの後、
むすこはプイと2階にあがっていった。

そんなバトルの勃発は、
「母親の日」の前夜であった。

手作りのカーネーションなんぞを作ってくれた遠き日を思い浮かべ
鬱々と過ごすのもバカらしく、
ボクは実家に帰り愚痴をぶちまけたが
腹の虫は治まらない…

むすことは口も聞かず顔も見ず、
戦闘態勢はいまだ解けぬままベッドに入ろうとすると、
赤いパッケージの板チョコ1枚と、
殴り書きで「ごめん、感謝」とメモがあった。

「ふん、こんなもんで」
もっとおこづかい持っているだろうに、
板チョコ1枚かよ…と毒づきながらも、
どうしても心がホンワリしてしまう。

むすこからの板チョコは
甘くてほろ苦くて美味しかった。



このページの先頭へ戻る