賃貸条件を自分なりに設定

"今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。雑誌を見て希望に近い部屋があれば、不動産会社に連絡すれば良いのですが、そうでない場合は条件を考え直す必要もあります。
確かに条件というのは物件探しで非常に重要なことですが、妥協をすることも大切なことなのです。
不動産屋の担当者に条件出しをしたら、その条件が現実的かどうかをチェックしてみることが大切です。
もし現実的に不可能な条件のようでしたら、多少なりとも条件の幅を広げて不動産屋に再度相談をしてみましょう。

 

自分の物件条件の幅を広げることでより良い物件に巡り合うことがあります。
もちろん予定家賃設定を上げれば理想の条件に合う物件と出会えますが、後々のことを考えてなるべく家賃設定の変更はしないようにしましょう。"



賃貸条件を自分なりに設定ブログ:20170726

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
減量や食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

減量って、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

減量も成功せず、
気分も暗くさせる減量の典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思って減量を始めることってありますよね?

もちろん、減量に成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら彼氏を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思って減量をしている人がいるとします。

もちろん減量が上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
彼氏がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
減量を失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
減量の失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然減量は成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

今日は、ここまで。

このページの先頭へ戻る