家賃だけではなく管理費や駐車料金なども確認

"貴方は今現在賃貸を利用していますか?また住んでいる賃貸物件に満足をしているでしょうか?
せっかく分譲ではなく賃貸を利用するなら、妥協しないで自分の理想とする賃貸物件を選ぶようにしましょう。物件情報の中でも最もチェックしておきたいのが、お金に関することとなります。
必要なお金は家賃だけに限らず、駐車料金や管理費などといった費用も必要となることがあるので、事前に総合的な予算の確認をしておきましょう。
物件情報には間取りから借りるときの条件や周辺の地図まで情報が盛りだくさん掲載されています。
特にインターネットの情報サイトでは多数の画像も添付されていますので、様々な情報を得ることが出来ます。

 

賃貸条件を見ることで礼金や敷金などでいくら必要かも知ることが出来るので契約時のおおまかな予算も確認出来ます。
また火災保険料の有無や、その金額なども掲載されているので忘れずにチェックしておいてください。"



家賃だけではなく管理費や駐車料金なども確認ブログ:20170822

主人が仕事を辞めることになりました。
見かけによらず、責任感が強く慎重な主人にとっては、
悩み悩んだ末の思い切った決断のようです。

「仕事やめたいなぁ」と最初に言い出してからは
2〜3年は経っているような気もします。

「あと1年、あともうちょっと…」と言いながら
深夜遅くまで働き続けてきた主人も遂に限界がきたようで、
今年に入ってようやく「区切りつけるわ」と
自分から言ってくれました。

家内の立場としては、
毎日晩遅くまで働きづめで、
疲れ果てていた主人を見ていたので…

ホッとした気持ち半分と、
これから先がハッキリ決まっていない状態で
仕事を辞めるなんて本当に大丈夫なんだろうか?という気持ち半分です。

ただ、将来の不安を感じながらも、
俺はやっぱり、よかったなぁ…という思いが一番です。

主人の決断までの流れをみてると、
そういえば、俺自身も自分がなかなか決められない性格で、
昔長年務めた職場を辞める時も何年も悩んだよなぁ…と
いうことを思い出します。

でも、辞める前にあれだけ心配して悩んだわりには、
辞めてからは何事もなかったように流れていくので、
「なんで俺はあんなことであんなに悩んでいたんだろう?」と
不思議に思うんですね。もっと早く決断すればよかった…って。

主人も、自分で「区切りをつける」と言い出してから、
随分いろいろなプロセスがあったように思います。

主人は、今を楽しむということやチャンスに恵まれてるということでは、
俺よりもよっぽど強いと思っていたけれど、
やはり主人にも主人なりの恐れは一杯あるようです。

でも、ひとまず「お疲れさまでした」ですね。


このページの先頭へ戻る